親しい方を招待する披露宴|リゾートウェディングで思い出に残る式にしよう
男女

リゾートウェディングで思い出に残る式にしよう

親しい方を招待する披露宴

ウェディング

増えてきている

結婚式で披露宴を行う時には、一般的にはご祝儀制で行われることがほとんどです。日本で会費制で結婚式の披露宴を行うのは、北海道や青森県などの北東北だけで、その他はご祝儀制で行われてきました。結婚式の披露宴では親戚や友人、職場の方など多くの方を招待し行うことがほとんどでしたが、現在では本当に親しい方だけを招待し祝って欲しいと考える新郎新婦が増えてきたため、1.5次会と呼ばれる会費制で行う結婚式の披露宴を行うという選択をするカップルが増えてきています。1.5次会と呼ばれる披露宴では、堅苦しいスタイルではなく、新郎新婦との距離も近く、食事は着席スタイルのコース料理がほとんどですが、中にはブュッフェスタイルで食事が提供されることもあります。

いろいろなメリットがある

会費制で行われる1.5次会の結婚式の披露宴は、あらかじめ招待客に招待状で会費が知らされています。そして、会場の入り口で袋などには入れず会費を支払うというのが一般的です。会費制の場合は、先に会費の金額が提示されているので、提供される料理のランクや引き出物のランクなどが分かりやすいというのがあります。しかし、ご祝儀制で行われる結婚式の披露宴に比べてゲストの負担は格段に安くなります。また新郎新婦の側もどのくらいの金額が集まるのか分かりやすく、自分たちが負担する金額が分かりやすいというメリットがあります。会費制の場合は、会費で招待客の飲食代を負担し会場代や衣装代などを新郎新婦が負担するというのがほとんどです。余興などの時間は設けずアットホームな雰囲気の中ゲストと時間を楽しみたいと希望する新郎新婦が選択することが多いのが特徴です。